算数と数学の先取り学習!模試などの結果

算数と数学の先取り学習をしています。ここではその時の実力をまとめています。
ちなみに、このサイトを立ち上げた時点からの記録です。それ以前は別のサイトにまとめています。

<目次>
1.今までの進捗のまとめ
2.【2020年6月】小3が、浜学園の公開学力テストで偏差値54
3.【2020年6月】小3が、偏差値50の入試問題で合格点


今までの進捗のまとめ

今までの進捗を、かんたんにまとめてみました。
まずは、現在小3の息子です。

・小6までの計算ができるようになった(市販の計算ドリルが解けるくらいの仕上がり)
・予習シリーズ4年は、必須例題、類題、基本問題、練習問題
・予習シリーズ5年は、必須例題、類題、基本問題
・予習シリーズ6年上の最初のほうで臨時休校。まとまった時間ができたので、浜学園の公開学力テストなどを解かせる
浜学園の公開学力テスト(小5)の偏差値50ほど。首都圏模試の過去問だと小5の偏差値60超
※過去問を利用

つぎに、現在小1の娘です。

・小6までの計算ができるようになった(※1)
(※1)ただ、市販の計算ドリルを解ける程度の仕上がりです。ちなみに、この時点では帯分数はイマイチ理解していませんでしたが、先に進めたら思考力があがってすんなりできるようになりました。
・性格の問題で、市販の計算ドリル(小5の分数)を解かせていたが、きちんと解くようになったので途中でやめた
・予習シリーズ4年上は、必須例題、類題、基本問題、練習問題(※2)
・予習シリーズ4年下は、必須例題、類題、基本問題(※2)
・予習シリーズ5年上もほとんど終わる(※2)
(※2)完成度は低いです。
浜学園の公開学力テスト(小4)の偏差値50ほど
※過去問を利用

過去問で実力を測定していましたが、小3の息子のほうは目標に達しそうなので模試を受験させました。つぎはそのときの話です。

【2020年6月】小3が、浜学園の公開学力テストで偏差値54

「小3で、浜学園の公開学力テスト(小5)の偏差値55」

目標の1つです。
そろそろ到達しそうだったので、駿台・浜学園の公開学力テストを受験させました(小5の算数)。

結果は、偏差値54ほど
とのことでした。
小3の息子にとっては生まれて初めての模試だったので、このときは練習で、「本番」は来月と考えていましたが、受験料がもったいないので(1回4,400円!)、これで前述の目標は達成したことにします!

ちなみに、小3の息子に受験させた浜学園の公開学力テスト(小5の算数)の解答用紙が返ってきました。算数だけの受験にしていただいたので、成績表はなく偏差値は口頭で伝えられただけですが、解答用紙から得点、あと平均点がわかれば、偏差値は嘘ではないとわかると思います。



【2020年6月】小3が偏差値50の入試問題で合格点

つぎの理由で、小3の息子に「開智日本橋学園中学(※)」の入試問題の過去問を解かせました(算数のみ)。
※四谷大塚の80偏差値47だそうです。

・浜学園の公開学力テストは、ほぼ小6のものしか手持ちにない
・浜学園の小6は難易度が高くて、今は使えない
・それができるようになるまでの「つなぎ」として、入試問題の過去問が候補
・ただ、今の息子にとってちょうど良い難易度の偏差値帯がわからなかった
・そこで、「開智日本橋学園中学」を解かせた


結果は、70点。
合格ラインはわからないので想像ですが、合格点ではないでしょうか。



内容を精査すると、時間がかなり余った上に、ケアレスミスも4問で9割はとれる実力はあります。
つまり、もうちょっと難易度が高いほうがいいので、偏差値55ほどの中学校の入試問題が良いかな、と思いました。
ただ、手持ちに偏差値55あたりの中学校の過去問がありませんので、近いうちに探そうと思っています!

小学生からはじめる算数と数学の先取り学習!のトップページ